オンラインカジノのペイアウト率とその魅力

オンラインカジノの魅力

オンラインカジノの魅力

オンラインカジノは、自分のライフスタイルに合わせて楽しむ事が出来るというギャンブル・ゲームです。
今話題となっているオンラインカジノは、海外の実際のカジノのように、華やかで華麗なカジノの世界を堪能できることでも知られています。
実際にリアルマネーを賭けて楽しむ事が出来るため、ギャンブル好きの方にもおすすめです。

オンラインカジノには、メリットがたくさんありますが、中でも大きなメリットとして、自分のスタイルで楽しむ事が出来るというメリットがあります。
オンラインカジノは、基本的には24時間営業であり、いつでもどこでも楽しむ事が出来ます。たとえば、タブレットやスマートフォンを使って、移動中や空き時間にも楽しめますし、自宅で就寝前に楽しむ事も出来ます。
自分の空き時間にちょっと楽しむ事も出来ますので、パチンコ、スロット、また競馬のように、わざわざ開催時間にその場所に訪れる必要もありません。
こういったことから、忙しい現代人のライフスタイルにも合っているといえるでしょう。

オンラインカジノのペイアウト率とは?

オンラインカジノのペイアウト率

オンラインカジノの魅力に、そのペイアウト率があります。オンラインカジノは、あらゆるギャンブルの中でも、トップクラスのペイアウト率を誇っており、そのペイアウト率は97~98%程度と非常に高いのが特徴です。
日本のギャンブルとして知られている、パチンコ、競馬などのペイアウト率は75~80%というペイアウト率であるのに対し、オンラインカジノは、その10%以上もペイアウト率が高くなっています。
オンラインカジノは、それだけプレイヤーに還元されていると言うことになりますので、初心者でも勝利できる可能性が高いギャンブルであるといえるでしょう。
色んなギャンブルがある中で、宝くじやスポーツくじよりも、圧倒的に還元率が高いオンラインカジノは、非常にやりがいがあるといえます。

また、オンラインカジノは、一回当たりの賞金額も非常に大きい額なのが特徴です。
たとえば、パチンコ、スロットなどで一日稼げたとしても、大体数十万円程度になりますが、オンラインカジノの場合、一日で1億円を稼ぐことも、不可能ではありません。
現に、ジャックポットなどで高額当選が出たというニュースを聞く機会も多いですし、日本人プレイヤーで1億円を当てることが出来たプレイヤーも存在しています。
還元率も高く、さらにその当選金も高いのがオンラインカジノの魅力なのです。

オンラインカジノは違法?

オンラインカジノは違法なのか?

ネットなどを見ると、オンラインカジノ利用者の体験談を目にすることも出来ますが、オンラインカジノと聞いて、違法なサービスと思われる方も多いでしょう。
オンラインカジノは違法なのか、合法なのか。これからオンラインカジノを利用するにとってそれは大きな問題となりますが、答えはそのどちらでもありません。

日本では公営賭博である競馬等を除き、その他全てのギャンブルは賭博罪が適用されるところにあります。
それは、日本中にあり親しまれているパチンコにしても同様なのです。パチンコもパチンコ店、景品交換所、景品問屋の三つを利用した三店方式という方法を用いて賭博罪に引っかからないように上手に営業しています。
もちろんその三店方式という賭博罪の抜け穴を利用したギャンブルであることは国も知っていますが、直接違法とはならないためその部分には目をつぶっています。
オンラインカジノもこのパチンコのケースと似ています。
オンラインカジノはゲームシステムを動かすサーバーも運営に関わる企業も海外にあります。そして、運営する企業はその国から許可を得ているため、合法的に運営しています。まずこの時点でオンラインカジノには怪しい点や危ない点がないということになります。

続いて賭博罪に関する話です。
賭博罪は店側と客の二者が揃っていなければ成立しません。オンラインカジノは店となる開催側が海外にあり、しかもその海外の国で認可されているため、賭博罪は適用されません。
パチンコとは違って、賭博罪にあたらないように工夫しているわけではありませんが、実際のところギャンブルには違いなく、賭博罪にあたらないため違法とはならないのです。
ですが、オンラインカジノ利用者が逮捕されたというニュースもありました。
日本語でのチャットライブをはじめとした日本人向けのサービスを用意しているオンラインカジノを利用していたことから、それは日本人をターゲットとしたギャンブルであると捉えられ逮捕に至りました。
しかし逮捕された方の一人は、オンラインカジノが違法にあたらないと略式起訴を認めず、裁判で争う姿勢を見せたところ、不起訴処分という結果になりました。

逮捕者が利用していたオンラインカジノは特別日本人をターゲットとしているわけではありませんでした。
そうした日本人向けのサポートも、その海外の国で暮らす日本人のために用意されたものです。
こうした背景も加わり、賭博罪にあたる決定的な証拠を検察側が用意出来なかったことにより不起訴処分という結果が下されました。

この件で不起訴処分となったように、オンラインカジノの利用は賭博罪にはあたらないので違法にはなりません。しかし合法であるともいえないため、現在はグレーなギャンブルとして、利用者はある程度の慎重さを持って利用にあたっています。